ブログ

ブログ詳細

按摩 マッサージ 指圧の違いについて


よくある質問に「按摩とマッサージ 指圧って何が違うんですか?」と聞かれる事が有ります。

昨日もそんな質問が有ったので簡単に説明したいと思います。

 

按摩とは按(揉む)摩(さする)と言う意味でその昔中国より手技による医療技術として日本に伝わりました。

それが江戸時代に成ると盲人の専業となり、点字の無かった当時は学術的な要素が欠落するようになり

手技の多様さや巧みさのみが競われるようになり、医療技術としての按摩から離れて言ったようです。

 

明治時代に成る前後の頃から医療技術としての手技療法を再興させようという動きが起こり、無駄な手技

を省き慰安的な按摩から医療技術としての指圧が生まれたようです。経絡と言う人体の気の流れるところを

手技により気の滞りを解消し健康を取り戻すという本来の姿に戻そうと言うことになり、按摩とは違うと言うという

意味合いも含めて「指圧」というものが出来たらしいのです。

 

マッサージに関しては言葉だけが独り歩きして、何でもかんでもマッサージと称されているようですが

私が東京医療専門学校で習ったマッサージはリンパの流れを促進するような医療マッサージと呼ばれるものでした。

基本的には全裸でタルクというパウダーで体表面を滑りやすくして、擦る様にして心臓に向かいリンパの流れを

促進してあげるような手技療法でした。いわゆるリンパマッサージとも違う医療マッサージです。

 

現在巷で行われているのはスポーツマッサージ的なものが主流なのでしょうか。いろいろなやり方が有る様で

私も説明しきれないほど多様化している感じがします。

やのくち鍼灸・指圧治療院

住所 稲城市矢野口1626-1 ベターデイズマンション1F
電話 042-316-6146
平日    9:00〜13:00  15:00〜19:00
土曜日 9:00〜13:00
定休日 日曜・祝日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1FHx2ri
  • facebook
  • twitter
  • mixi