ブログ

ブログ詳細

ぎっくり腰


 先日、不覚にもぎっくり腰を起こしてしまいました。土曜日の仕事の後に腰に違和感を感じたんですが、その日は午後から妻と二人で長野県へ旅行に行く日だったのです。長野に向かい車を運転しているときは問題なかったのですが、サービスエリアで車から降り立ち上がろうとすると強い痛みが走り、腰を少し曲げた状態でないと歩けないような状態になりました。

 その日の宿泊地である松本に着き車から降りると痛みは一層強くなっていました。それでも腰を曲げた状態でなら何とか歩け、暫くすると痛みが和らいでくるといった感じで何とか松本城を見学することが出来ました。まさかこんなことになるとは思わず鍼もお灸も持参していませんでしたし、治療したところでぎっくり腰は急に良くなったりしません。でも夜寝る前に妻にふくらはぎや大腿部をマッサージしてもらい少し楽になりました。

 朝起きて立ち上がる時は大して痛くなくホッとしましたが、椅子に座ってお茶を飲んだ後に立ち上がろうとすると腰が伸ばせません。それでも立ち上がって15分くらいすると腰が伸びて来て少し痛みを感じながらも普通に歩けるようになります。

 実は北アルプスの山々に雪が残っているうちにと思い長野県にやってきたのですが、天気予報通り朝から雨でした。全くついていません。雨の中を腰を押さえながら安曇野観光をしました。天気が良ければ美しい山々が見れただろうに何をしに来たんだろう等と呟きながらの観光になってしまいました。冷たい雨の中をワサビ田や道祖神、穂高神社を見学してお昼近くになりお蕎麦屋さんに入りました。「うちぼり」さんというお蕎麦屋さんでした(大変美味しいお蕎麦でしたが量が普通のお蕎麦屋さんの倍ほどあるので要注意)。お蕎麦を食べていると急に外が明るくなり出しました。そして食べ終わって外に出ると北アルプスが見えました。飛び上がって喜びたい所でしたが腰痛のため飛び上がることは控えましたが、すぐ近くに常念岳、遠くには白馬岳などの山々が見えてきました。そして山脈の麓にある国営の公園に行き間近に常念岳を眺めることが出来ました。

 

 さて、ぎっくり腰に付いてですが、急性の腰痛全般を指す言葉で病名ではありません。身体の深部にある筋肉を傷めることが多く湿布などもあまり効果が出ないことが多いです。軽症のもの以外は症状が出た直後に鍼治療をしても著しい改善が起きにくいのが実情です。重症の場合はトイレにも行けないような状態になり入院なんてこともあります。何日たっても良くならないものには腰椎の圧迫骨折の場合もあります。これは高齢の女性に多く腰を深く曲げたり重いものを持ち上げようとしたときに起こりやすいので注意してください。

 ぎっくり腰とまでは言えないけれど「なんだか腰がやばそう」なんて思うときはアキレス腱を伸ばすストレッチ、ふくらはぎや大腿二頭筋(太ももの裏側)へのマッサージが効果です。ただし、一番痛む腰へのマッサージは避けた方が無難です。

やのくち鍼灸・指圧治療院

住所 稲城市矢野口1626-1 ベターデイズマンション1F
電話 042-316-6146
平日    9:00〜13:00  15:00〜19:00
土曜日 9:00〜13:00
定休日 日曜・祝日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1FHx2ri
  • facebook
  • twitter
  • mixi