ブログ

ブログ詳細

梅雨時に体調を悪くする方


 梅雨の真っただ中になり、うっとうしい日々が続いていますが如何お過ごしでしょうか?梅雨時は体調が悪くってなどということはありませんか?私の所にもこの時期は体調が悪いとおっしゃる方が沢山いらっしゃいます。関節が痛んだり、消化器系の調子が悪くなる人が多いような気がします。

 東洋医学では病気の原因を「内因」「外因」「不内外因」の三つに大きく分けます。そのうちの外因に「風」「熱(暑」「湿」「燥」「寒」という五つの外邪があり「湿邪」と呼ばれる物が今の時期、体調に影響を与えるとされています。一番影響を受けやすい人は脾虚体質の人ではないかと思います。勿論、肺虚や腎虚の方も影響を受けなくはないのですが。特に関節リュウマチの人や消化器系の弱い方は辛い季節かもしれませんね。

 体質的に脾虚の人は、そこそこ元気であれば肌がきれいな人が多いです。脾は肌肉を支配しているので元気な時は肌もきれいなのですが、疲労や精神的苦痛が重なると脾虚に大きく傾き脾の働きが悪くなります。すると、急に肌の張りがなくなりやつれた様になります。脾虚体質とは脾のエネルギーを消費しやすい人のことと思ってください。

 脾は他の臓腑の面倒を見る臓腑でもありますから、性格的には面倒見のよい人が多く、場合によってはおせっかいと取られたりすることもありますが気さくな人が多いような気がします。また、唇が厚かったり(脾虚熱証)或いは凄く薄かったり(脾虚寒証)唇に特徴があります。下唇の厚い人は大腸の熱を表しているので便秘の人が多いなどと言われていますが如何でしょうか?

 心当たりのある方は一度鍼治療を受けてみてはいかがでしょうか!?ご質問のある方はHPのお問合せのほうからご質問を頂ければお答えいたします。

やのくち鍼灸・指圧治療院

住所 稲城市矢野口1626-1 ベターデイズマンション1F
電話 042-316-6146
平日    9:00〜13:00  15:00〜19:00
土曜日 9:00〜13:00
定休日 日曜・祝日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1FHx2ri
  • facebook
  • twitter
  • mixi