ブログ

ブログ詳細

稲城の春


 長い冬も終わり桜の花がほころび始めてきました。私の家の近所にも三沢川沿いやよみうりランドなど桜がたくさん咲く場所が有りあと数日で満開となることでしょう。稲城には桜以外に忘れてはいけない梨の花が咲きます。ソメイヨシノより一週間ほど遅れて咲くのが普通です。梨畑は市内の至る所にありますので、里山などの散策ついでに見に行くのも良いかもしれません。

 春といえば「五行説」で言うと「木」に当たります。そして、五臓(六臓)で言えば肝臓が「木」に属します。東洋医学では春は肝臓に影響を与える季節と言われていています。勿論、肝臓病になり易いというわけではありません。季節的に歓送迎会やお花見の季節ですがそういう意味ではありません。どういう事かというと、東洋医学では肝臓の働きとして夜の間は余分な血液を肝臓にしまい血液に栄養を満たして翌朝各臓腑に血液を送り出し活動に備えさせるという役割を負っていると言われていす。この事が上手くいかないと睡眠時間になっても脳内に血液がたくさん供給うされ続けなかなか寝付けなくなったり、朝になってもなかなか眠気が覚めずに布団から出られないなんてことになります。「春眠、暁を覚えず」という言葉を聞いたことがあると思いますが、辞書などには春の睡眠は心地よいから朝になっても気づかないなどと書かれているものもありますが、肝臓の働きが悪く朝になっても肝臓が活発に各臓腑や脳に血液を送り出さないからということでもあるのです。私のところで「あなたは肝虚体質(HP:東洋医学についての項参照)です。」と言われた方は、今の時期にイライラしやすくなったり、今ひとつ気力が湧かなくなったりする人が居ると思います。そんなときは鍼治療をすると良いですよ。いわゆる五月病なども肝臓が春の影響を受けたのかもしれませんね!

 

やのくち鍼灸・指圧治療院

住所 稲城市矢野口1626-1 ベターデイズマンション1F
電話 042-316-6146
平日    9:00〜13:00  15:00〜19:00
土曜日 9:00〜13:00
定休日 日曜・祝日
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1FHx2ri
  • facebook
  • twitter
  • mixi